FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワモトのよろこび1025回

たい2
たい1
tai3.gif
tai4.gif
たい6
たい8
たい10
たい11
タイ王国バンコクぶらり旅

明けて1日目、一人ぶらぬら歩いてみることにした。
バンコクへ来たのは数知れずという感があるのですが、実際のところ若かりし頃に一時期住み着いていた事のあるOBARA君のハンドルさばきに完全に身を任せて、運転手してもらっていたために、折角付いている短い足を活用することなくポイントポイントの「点」としてしか行った場所が解らなかったのであります。
折角のOFFなので、プールで日がな1日寝転んでいるのも精彩に欠けるかなと思い、程よく熱い中をひたすら歩いてみようとバンコク版「ぶらり一人旅」。
ホテルのフロントで貰ったエエ加減な「市内マップ」をたよりにタイ語も英語もからっきしながら、度胸千両でいい加減に会話をしてあちこち寄り道。

ここ最近、定宿にしているホテルのロケーションすらよく知らなかったのですが新宿御苑みたいな大きな美しい公園からすぐ近くであることが判明。
大きな公園の名前は「ルンピニ公園」!!
隣接する有名なナイトマーケットという夜にならないと開かない「巨大露天商大集合喧噪大会」には以前に行ったことがあったのですが、昼間見るともぬけの露天ストリートや大きな簡易屋根の付いたビアレストランなどはきったなくて見られたモノではありません。夜はきらびやかで綺麗だったと記憶していたのですが・・・・・。

そんな公園と道を挟んだマーケットの横を通り過ぎて、暫く歩くと鋭い牙のような大きな有刺鉄線と言うより有刺鉄鉤が左右から隙間なく並ぶ高い塀の建物の脇を通過。やたらに長い塀だな~と思ったら、我らが日本大使館!!
官房機密費を一体いくら注ぎ込んじゃったんだろうかというような豪華で大きな要塞のような建物は「しょうがないじゃない見栄の張り合いなんだから」と訴えかけているかのようであります。

お隣にはアメリカ大使館がありさらにでかくてごつい!!市内から見るとやはり子分の日本は場下に鎮座しているような形。まるで「俺に付いてこい!」っていうような関係が見えて取れ面白いモノだな~と独りごちる。
其の先にも大小の大使館が軒を並べている大使館ストリートを過ぎると、頭上高くを走るモノレールが見えてくる。
意外ときゃしゃな造りですが、「地震がない国はこれでいいのだ!!」と頭の中にIWAMOTOより年下になってしまったバカボンパパが手を上げながら解説してくれた。地面を定期的に揺さぶられる「地震大国」から見ると本当に羨ましくもあります。建物とかの強度とか全く考えていないような構造物も多くて驚いてしまいますが、ANEHAさんもタイで建築設計やっていたならアネ破産にならずにすんだのだろうな~・・・・可哀相に。

モノレールの下はオフィス街だったり露天が出ていたり、商店街があったりと変化があって結構楽しい。色々とブラブラ覗いてみるが、欲しいモノは本当にナンにもない。全くである・・・。物欲が若い頃みたいに沸沸と煮えたぎらなくなってきていると云うことは、「目利き」も「値踏み」も出来るような大人になってしまったことだと思うため嬉しくもありはたまた悲しくもあり、酸っぱくて辛いどっち付かずなトムヤンクン的気分。思惑、策略としてパクチーも利いています45歳は・・・・。
結局、お家に忘れてきたブーメラン型のスイムパンツを一枚買ったのみ。
距離にしたら2~3キロぐらいトコトコ歩いたであろうか・・・・。
鎖骨がまだ完璧ではないため、運動が儘ならぬもどかしさも結構満足した頃には全身汗だく。やはり薄曇りでもバンコクは熱い!!
昼飯時にどこからともなく出現するタイ飯の屋台は、まるで雨上がりにタケノコのように一気に開店して2時過ぎたら跡形もなく歩道にこぼした「南国的なスメルの基」だけ残して消えるのであります。
そして同じ場所には、3時過ぎ頃から今度は夜まで営業するお土産や日用品、偽DVDやコピーCDを販売する露天がずらりと並びます。
中でも圧巻なのは、道路丸ごと長-い屋台村が4列でずーっと1キロぐらい続くナイト屋台マーケット!!
マーケットに面する場所にある行きつけの「サリカレストラン」にて皆さんと別れてから深夜まで呑んでいましたが、ドア一枚隔てたなーケットの呼び声や喧噪が全く嘘のような静けさの中で、これまたこの店でしか頼まない「ジョニーウオーカーブラックラベル」通称「ジョニ黒」のオンザロックを6杯ぐらいゆっくりと頂く。
深夜1時前に店を出てみると、すでに露天の商品群が軍の払い下げ品と思われる大きくてごつい「茶箱」みたいな箱に収められ端の方から、着々とテントシートが外されて、骨組みがバラされ始めている。
そして夜中の2時過ぎにはぜ~んぶ綺麗に撤収されて、昼の3時頃までは道路に戻る。迂回路や平行する道路は沢山ある地区なので、何故毎日こうも無駄で大変な行為が365日行われているのか摩訶不思議、謎の多いバンコクである。
1日朝晩の組み立てバラし要員の数も大変なモノで、雇用を生み出している点においては優秀であると認めるのではあるが・・・・。

あ~愛しいバンコクよ!
混沌と喧噪、TUKTUKと仮面ライダーのサイクロン号みたいなバイクタクシーが我が物顔で走り回り、そんな中に真新しいベンツやレクサスが混在し多種多様な車種、人種のるつぼであり、未だに人よりも車が偉くて、セダンは車の中で一番エライがステーションワゴンは「仕事VAN」だからベンツでもBMWでも全く売れないという神話が生きていて、まさに活気。・雰囲気は昭和30年代の東京を彷彿とさせるところがあります。
皆が上を目指してまったりではありますがギラギラと頑張っている。そんなパワフルで庶民の活力を大いに感じられる猥雑感を感じに東京から遙々出かけてしまうのかもしれません。鎖骨はまだまだ完全ではありませんが、バンコクでチャージした「やる気」が満タンになったので、お江戸でまた頑張ろうとフンドシ締め直した気分です!!よっしゃ~仕事やるぜ~!!

本日のIWAMOTO写真館は

「日本大使館」
出来れば直接伺いたくないところ。税金で造った建物ですから国民の一人として「お茶でも飲ませてくれ」と表敬訪問はしてみたい気も致します。着物で今度訪ねてみるかな~。「各国日本大使館駐在大使に着物を着させる会 会長」とか名刺造って、「日本国をアピールするモノがトヨタセンチュリーだけじゃ物足りないから普段の自家用車にベンツ乗られているのですか大使?洋装だからセンチュリーがつまらないのですよ和装だと絶妙に決まりますよ!根拠ですか?
わたしが実践しておりますから・・・・」などとお意見交換してみたいところである。

熱すぎてハーゲンダーツに逃げ込んでキャラメルアイスクリームとアイスティーでオーバーヒート状態を強制クールダウンし、モノレールに逃げ込む。
モノレールから見えた工事現場にて発見の1枚。
クレーン車操作する人も暑いのよね~、と物語っている一コマ。ごつい建機が可愛らしく見えてしまったやぶれ傘でありました。

オフィスビルの玄関に鎮座ましましていた百獣の王「ライオン」!!
が!!顔だけやたら大きくて体が猫みたいでありまして誠にバランスが悪い。
が、顔の大きい方に部類に入るIWAMOTO的には親近感もわいた作品。
こんなのが動物園にいたら東山でも見にいちゃうな~。多分歩くとしょっちゅう前のめりに転ぶんだろうな~・・・・。

ナイトマーケット急拵え中の図。
雨でも風でも毎日毎日作っては壊し壊しては造り・・・・・・・・・。
創造性や発展性、柔軟性はなさそうですが小さな個々の屋台から寺銭は稼げます。日本のけしからん所は、こういう小資本で始められるような「小商い」を大企業の思惑通りに閉め出してしまったことではないでしょうか。
自由な発想や、小さな所から頑張って地道にステップ践んで人生の階段を上がってゆけるような登竜門の芽が出そうな土壌や条件をことごとく「規制」や「条例」の名の下に排除してきたニッポン国。
街は綺麗になって貧民と自殺者がジャンジャン増える。大手企業の思惑通りに人間の生産調整までも飲み込みながら進む日本丸は一体どこを目指しているのでしょうか・・・・。

バンコクで行きつけのお店喧噪で賑わう急拵えナイトマーケット脇にある「サリカ」にお邪魔する。
名物オーナーのまさかりオヤジさんは、足の具合がイマイチ芳しくないらしく相変わらずお休みでしたが、娘さんがしっかりと頑張っていてくれます!!
IWAMOTOが飲んでいたら、浅草からやって来た家族連れのご一行様もご来店!神輿担ぎの兄さんで、浅草三社祭りと花園神社例大祭の話で盛り上がりました。まったく下町で飲んでいるような錯覚に陥るような楽しい感覚でした!
本家、日本にも今はあまりお目にかかれなくなってしまったような昭和の雰囲気を色濃く残す店内は、本当に落ち着きます!!バンコクへ行ったなら是非「サリカステーキ」をご賞味ください!!美味いよ~!!

スポンサーサイト

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩本雄次

Author:岩本雄次
まいど!!
岩本モータース代表
岩本雄次のブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
以前の独学独舌
移転前の独学独舌は
→こちら
でご覧になれます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。