FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワモトのよろこび1031回

からす1
からす2
みせ
みせ2
今日は終戦記念日。
子供の頃、大人達がことあるごとに戦争の悲惨さや、自らの戦争体験などを語ってくれていた・・・。
まだ小学生が中学生であった頃、「なんだ世また大昔の思い出話かよ」とちょっと斜に構えてみたり、聞いているふりしたりしていた記憶がある。
怒りながら話す人、涙を流しながら話す人。小さな声で絞り出すように語る人・・・。
笑顔の人は一人もいなかった戦争の語り部達。
大昔、つまり江戸時代のこと?みたいな感覚で聞いていた。

が、時が過ぎて自分もある程度の年齢を重ね、ふと思う。俺が産まれるたった20年ちょっと前の話だったんだ。

24・5年前の自分と云えば、結婚して長男が産まれてドタバタママゴトみたいな成人したばかりのヤングカップル(死語だな~)やっていた時分。
何か、ごくごくつい最近の出来事のように思える・・・・・。
そうか、あの頃の大人達にとってはすぐ其処の出来事だったんだ。

戦前産まれの人々も今では既に70歳前後。
語り部として、一番の犠牲者であった「庶民」であった市井の人々が、寿命や病気で次々と減ってゆく現在、だんだん自分たちで色々に考えを巡らせたり、議論激論を交わすなどの顔の見えるつきあいが苦手、不得手になってきている若者が増えてきているのを肌身で感じながら、現在を生きる大人として何を伝えるべきなのか日々頭の隅で考えています。が、なかなか明確な答えが見つかりません。
自分の小さな商いに追われながら、日々の雑事に追われ続けている小市民にとっては壮大すぎる話かもしれません。
が、戦争はやっぱり貰っても起こしてもイケナイとおもう。

何故か・・・一番立場の弱い「市民」が一番の犠牲を強いられるものであり、命令を出す者、兵器を造る大企業主ばかりが良い思いをすることは歴史が物語っているのだから。
終戦記念日を迎えて、平和な御苑を眺めながらこの当たり前の風景が続いてゆくことが大切なんだと考えさせられた。
毎朝、新聞が届く。スーパーや商店に新鮮な食料が並ぶ、電気がいつでもつく、水が飲める。
当たり前に慣れすぎているかもしれませんが、これは全て色々なことが巧く回っていないともろく崩れる。

空転ばかりして肝心なことがちっとも議論されない国会。
ジョンFケネディー大統領が就任時に語った言葉が思い出されます。

「祖国があなたに何をしてくれるかを尋ねてはなりません、あなたが祖国のために何をできるか考えて欲しい」

IWAMOTOはこれからの世代の人々のために何が出来るのだろうか・・・・・。

今日の写真館
平和な御苑を眺めるカラス兄弟。不吉だと云われていますが近くで見ると可愛いです。一生懸命生きているね~!
昨日、夕刻の密造工場周辺の図・・・・
東京都内とは思えない雪景色であります。
スポンサーサイト

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩本雄次

Author:岩本雄次
まいど!!
岩本モータース代表
岩本雄次のブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
以前の独学独舌
移転前の独学独舌は
→こちら
でご覧になれます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。