スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワモトのよろこび1082回

入間の御大より新春金のかからない企画のお知らせが届きました!!
イワモトモータースのミーティングも便乗してしまおうかという魂胆が見え見えですが、お客様各位万障お繰り合わせの上ご自慢の愛車にてご登場願えましたら幸いでございマッスル。
岩本も朝から馳せ参じる予定です!!

新春早々のミィーティングと映像鑑賞会

日時 2011年1月9日 日曜日09:00-19:00
(ただし映像鑑賞は13:10~16:36で参加は任意、中途入退室可)
会場 埼玉県入間市博物館講座室及び駐車場
358-0015 入間市二本木100 (圏央道入間IC至近) 
http://www.alit.city.iruma.saitama.jp
参加費は映像資料の観覧含めて無料です。

 新春のイベントとして興味ある資料映像のミニシアターでの鑑賞会を行います。朝から集まって広い駐車場でのクルマ談義をやっています。ランチの後は豪華7本立ての資料映像の鑑賞を行いますが参加は任意です。内容は弊社がその昔、四駆ビデオの制作を始めた頃に資料として輸入した映像が主なものです。内容は40~60年代のシボレーやフォード、航空機、重量物輸送で各12分から50分程度のものです。作品は個人的な興味で選びましたが機械好きな方には面白いと思います。ほとんどは音声・字幕共に英語ですがご高名な解説者2名が弁士として協力したします。休憩を含めて3時間半程度ですが随時出入りできます。館内では飲食・喫煙は出来ません。近隣の車好きとCG Clubに呼びかけていますが駐車場100台以上、席数も142と余裕はあります。参加者には伝票式による記帳をお願いいたします。博物館の催事としては「むかしのくらしと道具展」が開催されています。これも観覧無料。
主催 
株式会社アィティーエフ (CCV編集部)
358-0003 入間市豊岡3-4-16
電話 04-2965-1020 Fax 2963-1363
石川雄一

/////

映写のスケジュールと内容紹介。

開演13:10 終了16:30

映像作品は予告なく変更される場合があります。

●オープニング  West Coast 4-wheelers (主催者挨拶数秒) 3分37秒
  イーグルスの曲とアメリカ西海岸の都市から砂漠への映像。

●イントロダクション パロディー版CG TV   01分36秒
  登場する車両の映像も音楽も似ているようでいて似ていないパロディー版。登場する車は青ではなく緑系でモディファイされた三菱J52とダイハツタフトの最初期モデルという希少車。

●Triumph of America (1933)  20分間 モノクロ
内容 : 戦前の自動車産業がアメリカの経済発展に与える大きさを解説。当時の車体や主要部品の組み立て工程が見られる。またコーチメーカー フィッシャーによる木骨車体製作をガラスや綿花の段階から説明。

●It's FORD for '40 51分間  カラー
内容 : 40年型フォード乗用車のプロモーション映画。フォード特有の原料からの一貫生産の様子で鋼板からタイア、ガラスまでの自社製造や丁寧な作りがわかる。40年型モデルの紹介があり途中からは「乗り心地の頂点」という題名となり主にシャーシーの説明がされる。リーフスプリングにある溝の意味やレバー式複動ダンパーの機能や調整法も説明されている。かつてあったフォード・ロータンダ(ROTUNDA)という豪華な円形の建物での大イベントの様子も当時の隆盛を伝えるものとして興味深い。
 

●Ford in World War II   35分間   モノクロ
内容 : 軍需産業には消極的だったと言われるフォードだが開戦と共に軍用車や兵器の製造を行った。ジープはGPと水陸両用のGPAが登場するので収録は1942年と推測される。トラック、軽戦車、装輪装甲車。また空挺作戦用のグライダーについてはその運用と構造がわかる。見所はP&Wのツインワスプ星型複列14気筒エンジンの組み立て。そしてそれを4基搭載するリベレイター爆撃機の製造は1時間に1機という驚異的なものであった。
         

<< 休憩 5分間  15:00~15:05 >>

●68の車輪 (1965)  32分間   カラー
内容 : 280トンの重量物輸送の様子を伝える日本通運の映像。巨大な変圧器を当時の道路事情の中で駅から変電所まで輸送する。左ハンドルのメルセデスのトラックやランドローヴァーのシリーズ1も少し登場するが主役は「ふそう」のトラクター2台と300トン・シュナーベル式トレーラー。17.5kmを5日間というドキュメント。

●Over the Waves  (1938) 12分間    モノクロ
内容 : シボレーのサスペンションについての説明映像。とりわけニーアクションといわれた前輪の独立式サスについて実験から構造の説明までが丁寧にされる。

●Corvair in Action, (1960) 6分間    カラー
内容 : 1960年代に178万台余が生産されたが安全性への疑念から悲運の車となったシボレー・コルベアのデビュー時の宣伝用映画。衝突を含むあらゆるテストに加えてオフロードでの走破性の高さも示している。

●Field Assembly of the P47 39分間 (1944) モノクロ
内容 : 木箱入り戦闘機の野外組み立て。木箱2個に梱包された戦闘機をクレーン等の重機材を一切使うことなく野外で手工具のみで組み立てて飛行させるまでの手順を説明した映像マニュアル。単発とは言え大型の戦闘機リパブリックP47サンダーボルトは重量が約4.8トンもあるが様々なアイデアによって人の手だけで組み立てられる。

16:30 終了予定  16:50までに退室・退館をお願いします。

皆さん新春は入間へGO!!
スポンサーサイト

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Thanks a lot!

岩本様
ご紹介ありがとうございます。
便乗集会でもなんでもどうぞ。
朝は9時ごろから集まりはじめます。
映画の内容はとりたてて海綿体の充血を催すものではありませんので
物足りない方はパーキングにてクルマ談議でもどうぞ。

普通の観客がいる上映会ではありませんので場面に応じての歓声などもかまいません。

お名前の記帳だけはマナーですのでよろしく。

石川
http://homepage2.nifty.com/CCV/MOVIE2011.html
プロフィール

岩本雄次

Author:岩本雄次
まいど!!
岩本モータース代表
岩本雄次のブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
以前の独学独舌
移転前の独学独舌は
→こちら
でご覧になれます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。